ねはんのファッション着こなし日記2

ファッションについての感想や着こなし、コーディネートをのんびりと紹介していきます。 よろしくお願いします。

有名人も愛用しているタートアーネル復刻版ウォールナッツ色の眼鏡の紹介

      2016/11/11

こんにちは。
ねはんです。
眼鏡が大好きです。
眼鏡がないと生活に支障をきたすということもありますが、ファッションのアイテムの一つとして眼鏡を愛用しています。
眼鏡をいろいろかえることで、気持ちもワクワクしますしね。
だから眼鏡が大好きです。

タートアーネルの復刻版

タートというブランドは、50年くらい前にあった、アメリカのブランドです。
海外の有名人が愛用したということです。
いまも、タートブランドの眼鏡は人気があって、ビンテージもオークションなどでたまにでまわっているようです。
でも、ビンテージのタートはとても高価です。
そんなタートの人気をうけてかどうか、数年前、メイドインジャパンのタートの眼鏡が復刻されました。
タートはアメリカのブランドなのに、なぜメイドインジャパンなのかというと、日本の眼鏡制作技術の高さが認められたということと、あと、フレームの素材でセルロイドを使うことができるのが、日本だけらしいからだそうです。たぶん。
それで、メイドインジャパンンのタートの眼鏡が復刻されたようです。

スポンサードリンク

tartwn1

出典 blog-shinjuku.takashimaya.co.jp

 

タートのアーネルのウォールナッツ色の眼鏡

タートブランドの眼鏡のなかでも、アーネルという種類の形の眼鏡がとても人気があります。
これも海外の有名人がかけていたからということが理由の一つになるとおもいます。
タートのアーネルのメイドインジャパン使用の眼鏡は2回復刻されているとおもいます。
1回目に復刻されたタートアーネルのウォールナッツ色の眼鏡を紹介します。
ウォールナッツ色というのは、黄色がかった鼈甲のような模様というか色です。
形はレンズフレームの大きさが44でちょっと小さめです。
鼻のフレームの形はキーホール型で、昔らしさをかもしだしています。
素材はセルロイドです。
セルロイドというと黒というイメージがあります。(僕だけかな(^-^;))
でもウォールナッツ色ですが、セルロイド素材です。
また、1回目に復刻されたタートアーネルの眼鏡は70年代のタートアーネルの形をもとに復刻されたようです。
買ったお店の方に聞いた情報です。

tartwn2

出典 blog-shinjuku.takashimaya.co.jp

 

スポンサードリンク

 

タートのアーネルのウォールナッツ色の眼鏡のコーディネート

黄色がかった色でもあかるい黄色ではないので、ビジネスでも使用することができるとおもいます。
タートアーネルウォールナッツ色の眼鏡はスーツにも合う色や形の眼鏡です。
もちろんカジュアルスタイルでも良く合います。
ジーパンでも、チノパンでも、カーゴパンツでも、なんでもあいます。
ウォールナッツ色は結構使いやすい色だとおもいます。
ダッフルコートでも、ピーコートでも、あいます。
ジャケットスタイルは特に良く合うとおもいます。
モード系のファッションでも、ちょっとはずす感じになりますが、合うとおもいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

出典 osaka.e-obj.jp
色付きのレンズをいれて、サングラスとして使用してもカッコイイですね。
モード系のファッションでも、サングラスにするととてもマッチして、カッコイイとおもいます。
サングラスにしてしまうと仕事でつかえないという場合は、跳ね上げ式のレンズクリップを別につけることができるお店もあるようです。
跳ね上げ式のレンズクリップに色付きのレンズをいれて、サングラスとしても、普段使いとしても両方使えるようにすれば、いつでも使えていいですね。
また、跳ね上げ式クリップなので、サングラスとして使用しないときは、クリップのレンズを上にあげて使用することもできて便利ですね。
タートアーネルのウォールナッツ色の眼鏡は復刻版ですが、メイドインジャパン製は今は生産されていません。
残念です。
でも、噂によるとイタリア製での復刻版のタートアーネルは生産されているそうです。
そちらはどんな感じなのかちょっと興味がありますね。
でも、メイドインジャパンのタートアーネルのウォールナッツ色の眼鏡は今はないので、これからも大切にしていきます。
ではまた。

スポンサードリンク

 - ファッション