ねはんのファッション着こなし日記2

ファッションについての感想や着こなし、コーディネートをのんびりと紹介していきます。 よろしくお願いします。

有名人も愛用しているタートアーネル復刻版ブラウンクリア色の眼鏡の紹介

      2016/11/11

こんにちは。
ねはんです。
視力の悪い方には、眼鏡もファッションアイテムの一つととらえられている方もいらっしゃるとおもいます。
もちろん、視力が良い方でも、だて眼鏡として、眼鏡をファッションに取り入れられているかたもいらっしゃるとおもいます。
僕は視力が悪いので、眼鏡は日常生活での必需品です。
また、せっかくなので、眼鏡をファッションの一部に取り入れたりしています。
そうすると、気分が変わって、楽しくなりますね。

タートという眼鏡について

タートという眼鏡のブランドは50年くらい前に、アメリカで流行っていた眼鏡だそうです。
昔から海外のたくさんの有名人に愛用されていた眼鏡ブランドでした。
しかし、一度タートはなくなってしまいました。
でも、50年前とても人気を誇ったタートを愛する現代の方、特に有名人がビンテージとして売られているタートの眼鏡を愛用するようになり、時代を超えてまた愛されるようになりました。
しかし、ビンテージものなので、数もすくなく、人気のシリーズの眼鏡はとても高価になってしまいました。
また、手に入れることもむずかしくなってしまったようです。

スポンサードリンク

タートのアーネルというシリーズの復刻版の眼鏡

現在はタートブランドの眼鏡を愛する愛好家がタートを愛して、復刻版として発売されました。
最初に復刻されたものタートのブランドの眼鏡は、日本で制作されていました。
その理由は、日本の眼鏡の制作技術がすぐれていることが、大きいということでした。
そして、タートブランドのなかでもアーネルという型のシリーズが人気がありました。
海外の有名人(ジョニー・デップやジェームスディーンなど)がタートのアーネルを愛用したことが人気になった秘密だとおもいます。
その中でも、海外の有名人が映画の中でかけた、タートアーネルのブラウンクリアといういろの眼鏡があります。

tartbra1

出典 blinc.co.jp
レンズをいれるフレームのサイズは42、44、46、48というサイズ展開でした。
なかでも42、44のサイズの小さめの眼鏡が人気がありました。
タートアーネルは形はボストンタイプのちょっとウェリントンタイプがはいった、昔っぽいレンズフレームの形です。
鼻あてのブリッジという部分の形がキーホールと呼ばれる形になっていて、これも昔っぽいデザインです。
タートアーネルのブラウンクリアの色はブラウンなのですが、透明のフレームの表面にうすい茶色をのせている色で、角度によって透明部分のフレームがみえて複雑な色ありで、それもとてもカッコイイですね。
また、タートアーネルの形は50年代、60年代、70年代と微妙に形とフレームの刻印がかわっていたそうです。
このタートアーネルブラウンクリアは50年代の形を復刻したものらしいです。
かけてみると、ちょっとノスタルジックな感じで、とてもいい味をだしている眼鏡です。

tart3

出典 d-eye.jp

スポンサードリンク

 

タートのアーネルというシリーズのブラウンクリアの復刻版の眼鏡のコーディネート

この眼鏡は、スーツに合わせてもはまりますし、ジーパンスタイルや、アメカジ、自然な素材のファッションでもしっくりくるデザインです。
茶色の眼鏡なので、かけると優しい感じになる気がします。

tartbra2

出典 www.makotoweb.com
品質もメイドインジャパンというだけあって、しっかりしています。
海外の有名人がかけていたから人気がでたという部分もあったのかもしれませんが、タートアーネルブラウンクリアの眼鏡は、色といい、形といい、品質といい、有名人がかけていたということを知らない人がみてもカッコイイ、カワイイとおもってもらえるデザインの眼鏡だとおもいます。
いまは、ビンテージはもちろん手に入りにくいですが、このメイドインンジャパンのブラウンクリアの眼鏡も現在は生産されていないので、入手は難しくなっていると思います。
ぼくは、結構ローテーションでかけていますが、これからも大切にしていきます。
ではまた。

スポンサードリンク

 - ファッション