ねはんのファッション着こなし日記2

ファッションについての感想や着こなし、コーディネートをのんびりと紹介していきます。 よろしくお願いします。

有名人が愛用していたシップスとBjクラシックのコラボレーション眼鏡のコーディネートの紹介

      2016/11/11

こんにちは。
ねはんです。
視力が悪い僕は、眼鏡が必需品です。
体も弱いので、外出するときは風邪予防のためにマスクをして出かけます。
でも、寒い日に眼鏡をかけて、マスクをして外出すると、眼鏡がくもってまえがみえなくなります(泣)
眼鏡のくもらないマスクもでていますが、毎日のようにマスクをつかうので、眼鏡のくもらないマスクばかりをつかっているわけにもいかないので、なんとかならないかなーとおもっています。
くもったらその都度ハンカチで眼鏡をふいています(^-^;

Bjクラシックについて

Bjクラシックは眼鏡のブランドです。
アメリカンオプティカルという眼鏡のブランドが、かつてアメリカにありました。
そのライセンスを取得して、Bjクラシックがアメリカンオプティカルの眼鏡の復刻版をだしているようです。
Bjクラシックはオリジナルの眼鏡もだしているとおもいます。(このへんは定かではありません。すみません。)
このブランドの眼鏡はどれも洗練されていて、昔っぽい雰囲気をかもしだしながら、現在でも通用するデザインの眼鏡をたくさんだされています。

スポンサードリンク

bj1

出典 www.bros-japan.co.jp

シップスとコラボレーションしたBjクラシックの眼鏡

Bjクラシックはアメリカンオプティカルの復刻や、独自の眼鏡もだしていますが、コラボレーションした眼鏡もだしています。
シップスのお店にいったら、Bjクラシックとのコラボレーションした眼鏡がありました。
その名前はShipseyewearByBjclassicCollectionです。
アメリカンオプティカルのサーモント型の眼鏡を分解して、細部から研究し、復刻したモデルの眼鏡だそうです。
色はネイビーです。
ネイビーはシップスのコーポレートカラーらしいです。
ネイビーといっても、濃い色のネイビーなので一見すると黒にみえますが、よくみるとネイビーで、黒とくらべるとまた違った感じがでて、カッコイイです。

shipsbj1出典 onlineshop.shipsltd.co.jp

スポンサードリンク

 

サーモント型の眼鏡について

サーモント型の眼鏡というのは、昔風の形の眼鏡です。50年代にでて、流行っていた眼鏡の形みたいです。
この眼鏡の特徴は、つるとレンズのうえのフレームがセルフレーム(プラスチック)で、レンズの部分のフレームがメタルという形の眼鏡です。
この形の眼鏡の「サーモント」という呼び方は、本来はアメリカンオプティカルだけの眼鏡につけられたよびかたらしいです。
でも、最近では、このフレームの形の眼鏡を一般的に「サーモント」や「ブロー」、「サーモントブロー」などとよばれています。
サーモント型の眼鏡は若い方がかけてもカッコイイ形の眼鏡ですね。

shipsbj2出典 onlineshop.shipsltd.co.jp

 

シップスとコラボレーションしたBjクラシックの眼鏡のコーディネート

シップスとコラボレーションしたBjクラシックの眼鏡はサーモント型の眼鏡です。
50年代を意識してつくられている眼鏡です。
ですので、ちょっと昔風のきっちりしたファッションにはバッチリあいますね。
ツィードのジャケットと、センターラインのはいったきっちり目のウールパンツに革靴というスタイルにはとても良く合うとおもいます。
また、この眼鏡は、スーツスタイルにもよくあいます。

shipsbjcode1

出典 onlineshop.shipsltd.co.jp
また、この眼鏡は、仕事でつかうことも全然大丈夫だとおもいます。
でも、あえてカジュアルスタイルにあわせるのもはまります。
ジーパンにピーコートなどに、ジーパンとスニーカーというスタイルにもちょっとはずしの感じでよくあいます。
チェスターコートなどをあわせた、きれい目ファッションにもこのBjクラシックの眼鏡はよくあいます。
昔風なデザインの眼鏡が良い感じですね。
ではまた。

shipsbjcode2

出典 onlineshop.shipsltd.co.jp

スポンサードリンク

 - ファッション