ねはんのファッション着こなし日記2

ファッションについての感想や着こなし、コーディネートをのんびりと紹介していきます。 よろしくお願いします。

オーシバルの正藍デニムのコーディネートの紹介

      2016/11/11

こんにちは。
ねはんです。
だんだんと暖かくなってきましたね。
でも、ちょっと寒い日もありますね。
桜はもう散り始めていますね。
今年は花見にいけました。
桜をながめながら、気の合う仲間と酒をほどほど飲んで、楽しい会話がとても癒しになりました。
春ですね。

オーシバルについて

オーシバルはフランスの老舗のブランドです。
もともとはマリンシャツをつくっていたとのことで、いまでも、ボーダーのバスクシャツが有名ですね。
オーシバルはいまでは、マリンテイストのシャツ以外に、コートや、ジーパン、トートバッグなんかというようにいろいろ展開していますね。
また、蜂のマークが特徴的でかわいいですね。
いろんなブランドからでているボーダーシャツですが、この蜂のマークでオーシバルのシャツだとすぐにわかりますね。
オーシバルのバスクシャツはとても丈夫で長く着られるシャツです。
他のものもこだわってつくっているようですね。
大好きなブランドです。

スポンサードリンク

ocval1

出典 orcival.jp

 

 

オーシバルの正藍ジーンズ

オーシバルはボーダーバスクシャツで良く知られているとおもいますが、ジーパンも出しています。
なかでもこだわったジーパンがあります。藍で染め上げたジーパンで、正藍ジーンズです。
このジーパンはメイドインジャパンです。

ocval2

出典 www.houyhnhnm.jp

 
普通のジーパンは合成インディゴで染め上げているので色落ちがします。
色落ち自体はそれはそれで、ひとつひとつ違った表情のジーパンに育て上げられるのでいいとおもいます。
でも、この正藍ジーンズはほとんど色落ちしないという特徴があるそうです。
色落ちはあまりしませんが、はくほどに色落ちするジーパンと同じようにひとつひとつ違った表情をみせてくれるジーパンだそうです。
これはこれで育てる楽しみがあるジーパンですね。
愛着がわくジーパンだと思います。

スポンサードリンク

オーシバルの正藍ジーンズの着こなし

オーシバルの正藍ジーンズは、基本はワンウォッシュですのでそんなに縮まないとおもいます。
色も、いわゆるインディゴブルーの濃い色です。
濃い藍色ともいえるとおもいます。
はいて、洗ってもあまり色落ちしないので、濃い色のインディゴブルーの状態で長くはけると思います。
洗いを繰り返すと、またしわなどができて良い感じに育っていくとおもいます。
濃いインディゴブルーのジーパンなので、それこそ、オーシバルのボーダーバスクシャツとの相性はバッチリです。クツは革靴でも、スニーカーでもありかとおもいます。

ocval3

出典 www.houyhnhnm.jp

 
また、上に襟付きのシャツをもってきても良い感じのファッションにまとまります。
この正藍ジーンズはあまり太くもなくちょっとテーパードがかかった良い感じの太さなので、襟付きシャツにも良い感じであうとおもいます。
真夏は暑いかもしれませんが、初夏までならはけるとおもいます。
ですので、ポロシャツにこのジーパンをあわせるのもいいかもしれませんね。
くつはサンダルやクロッグなんかをあわせても良い感じですね。
裾をロールアップして、赤耳をみせてはくのもかわいい感じがでていいですね。
寒いときも、インディゴブルーのこのジーパンにあえて、ネイビーのダッフルコートやピーコートなんかをあわせて、中に白のウールのセーターをあわせるのもいいですね。
あと、キャスケットをかぶって、ちょっと無骨なブーツなんかをあわせて、無骨な中にもかわいさをかんじさせるファッションもいいかもしれませんね。
春先や秋口ならちょっとミリタリー系の薄手の上着をもってきて、このジーパンをあわせるのもきまるとおもいます。
ミリタリーのカーキと正藍デニムののインディゴブルーが良い感じにマッチしますね。
くつはきれい目の革靴をもってきて、靴下にからし色の靴下なんかをもってきて、靴下をみせるようにジーパンをロールアップしてはくのもいいかんじだとおもいます。
育てる楽しみも味わえるとても愛着のわくジーパンだとおもいます。
ではまた。

スポンサードリンク

 - ファッション