ねはんのファッション着こなし日記2

ファッションについての感想や着こなし、コーディネートをのんびりと紹介していきます。 よろしくお願いします。

ロンドントラディションのメンズのダッフルコートの着こなしの紹介

      2016/12/12

こんにちは。
ねはんです。
まったく寒い日がつづきますね。
これから雪がちらつく日もふえてくるのでしょうか。
暑いのもつらいですが、寒いのもつらいですね。
でも、寒いのは温かい洋服を着こめば、とりあえずしのげますね。

ダッフルコートについて

ダッフルコートはもともと軍用につくられた防寒着だそうです。
手袋をはめていても、前をとめられるようにボタンではなく、トグルになっています。
昔は木のトグルで麻のひもでそれをとめていたようですね。
ダッフルコートは一般的になって寒い日の防寒着としてもファッションのアイテムとしても定番になっていて、いろんな形や色のものがありますね。
街でダッフルコートを着ている方をみていてとても楽しいですね。

スポンサードリンク

 

ロンドントラディションのメンズのダッフルコート

ロンドントラディションのダッフルコートもダッフルコート好きにはおなじみのダッフルコートですね。
イギリス製でイギリスの熟練した職人がつくっているそうです。
僕が一目ぼれしたこのダッフルコートは、ユナイテッドアローズグリーンレーベルで売っていたメンズ用のショート丈のダッフルコートでした。
水牛の角の形のトグルではなく、昔ながらの木製のトグルで、麻のひもでトグルをとめたかたちのダッフルコートです。

スポンサードリンク

色はネイビーで、素材もウールメルトン素材で寒い日でも風を通さず、とても暖かいです。
雪の降る日は中に厚手のセーターを着こめば、ぜんぜん大丈夫です。
ネイビーにベージュの木のトグルと、ベージュの麻のひもがいいアクセントになって、かわいい感じで、また、カッコイイです。
お店でみたときに一目で気に入ってしまいました。
ちょっと値段が高かったですが、購入しました。
もう数年たつのですが、全然へたれません。
買いたての年は、休みになるとこのダッフルコートばかりきていました。
でも、最近は他のコートとローテーションしながら着るようにしています。
なかなか、木のトグルで麻のひものロンドントラディションのダッフルコートをみつけるのは今では困難かとおもいます。
探せばあるのでしょうが、だいたいトグルが水牛の角型で、ひもが牛革でできたダッフルコートが多いようにおもいます。
ですので、もっともっと長く着ていくために、他のコート類とローテーションしながら着ていこうとおもいます。
このダッフルコートは中綿とかははいっていないのですが、肉厚のメルトン生地なので、寒い日でも風を通さずとても暖かいです。
それからとても使い勝手がよく重宝しています。

ロンドントラディションのメンズのダッフルコートのコーディネート

コーディネートとしては、インディゴ(紺色)のジーパンに紺色のダッフルコートでも合いますし、ベージュのチノパンにもあいます。
ミリタリーファッションのオリーブのカーゴパンツとあわせても相性がばっちりですね。

london3

出典 zozo.jp
スーツにあわせてもあいますが、僕がもっているこのロンドントラディションのダッフルコートはショート丈なので、スーツの上着の裾がダッフルコートからはみでてしまうのがちょっと残念ですけどね。
でも、スーツの上からきるのも全然ありだとおもいます。
温かいですしね。
また、このダッフルコートはフードが特徴的です。
フード付きのコートや上着を着ると、フードのおさまりが悪くてちょっと残念ということもたまにあるとおもうのですが、このロンドントラディションのダッフルコートはフードのおさまりがスッキリしていてとても良い感じで着られます。
これもロンドントラディションのダッフルコートの特徴ですね。
サイズ感もだぶついていないで、すっきりまとまっていて、カッコイイし、カワイイです。
これからも大切に着ていきたいとおもいます。
ではまた。

スポンサードリンク

 - ファッション