ねはんのファッション着こなし日記2

ファッションについての感想や着こなし、コーディネートをのんびりと紹介していきます。 よろしくお願いします。

ボンクラのデニムXXタイプの着こなしの紹介

      2016/11/11

こんにちは。
ねはんです。
またまた、寒くなりましたね。
ちょっと前までは暖かくなりかけていたのに、ここのところまた寒さがもどってきました。
でも、もうすぐ春ですね。
まだ寒い日がつづくかもしれませんが、春はもうすぐそこまで来ていますね。
春がきたら、外にでかけて、ショッピングを楽しみましょう。

ボンクラについて

ボンクラは日本のブランドです。
もともとジーパンからはじまったブランドです。
リーバイスの501XXタイプのレプリカジーパンをだして人気がでたブランドですね。
オーナーさんも、ファッションにかなり詳しい方でいろんなファッションのアドバイスをブログでされていますね。
いまは、ジーパンだけでなく、洋服や小物など幅広くだされています。
どれもこだわったものばかりです。
デザインもシンプルなものが多く日常のファッションにとりいれやすい洋服や小物をだされています。
もちろんジーパンもいろいろ新しいタイプのものを出してきていますね。
いまは一部のセレクトショップでしか取り扱いがないですが、ファッションに敏感な方には名の通ったブランドだと思います。

スポンサードリンク

bonxx1出典 dieci-cafe.com

bonxx2出典 dieci-cafe.com

ボンクラのデニムのXXタイプ

ボンクラといえば、ジーパンがまず思い浮かびます。
最近はコーデュロイのズポンや、セーターや、帽子などいろいろ展開していますが、僕のイメージだとボンクラといえば、ジーパンです。
それもリーバイスのレプリカタイプの色落ちを楽しむ、自分で育てていくジーパンのイメージが強いです。
なかでも、XXタイプのジーパンが代表的だとおもいます。
このジーパンは数年前に初めて世にでたときは、ジーパンの生地がデッドストックのデニム生地をつかって生産されていたそうです。
ですので、初回のジーパンの生産本数は限られていて、直ぐに完売してしまったそうです。

bonxx3出典 dieci-cafe.com

スポンサードリンク

そのあとも、XXタイプのジーパンは生産されていましたが、こだわりの強いジーパンなので、生産数もすくなく、これもすぐになくなってしまったようです。
このジーパンは生デニムというかいわゆるリジットというもので、2~3回洗濯すると縮んでしまうものですので、購入するときは2インチくらい大き目のものを買わないといけません。2インチ大き目の目安はジーパンをはいて、前にこぶし一つがはいるくらいの大きさのものだそうです。
お店の方におしえていただきました。
それくらいのサイズのものを購入すれば、洗濯して縮んでもちょうどのサイズになるそうです。
また、ジーパンは履いていると体になじんできて、少しのびるので、大き目を買わなくてもジャストサイズであわせるときれいなラインが出せるそうです。
それから、このジーパンは履きこむほどに、洗うほどに色落ちして、どんどんカッコよくなっていきます。
ボンクラのデニムは、自分だけのジーパンに育てていく楽しみもあるジーパンですね。

bonxx4

出典 boncoura.jp

 

ボンクラのデニムのXXタイプの着こなし

ボンクラのXXタイプのデニムのジーパンは、XXタイプということで、ちょっと太目です。でも、そんなにめちゃくちゃ太いわけではなく、裾に向かって少しテーパードがかかっているので、すっきりはけます。
ジーパンにあうトップスといえば、僕ならやっぱりボーダーのシャツですね。
ジーパンにボーダーはバッチリはまるファッションだとおもいます。
もちろん、きれい目の襟付きのシャツも良い感じですね。
白のコットンシャツや、初夏ならば麻素材のシャツをはおって、このジーパンをはいて、くつはスニーカーというのもありだと思います。
寒いときは、ダッフルコートやピーコートをあわせるのもありですね。

bonxxcode出典 dieci-cafe.com
自分自身で育てたボンクラのジーパンをファッションに取り入れるとよりボンクラのジーパンに愛着がわいてきますね。
さすがに真夏はちょっと暑いかもしれませんが、ほぼ年中通してはけるので、どんどんはいて、自分なりのジーパンに育てていきたいですね。
ではまた。

スポンサードリンク

 - ファッション